2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンポージアム2016 一柳慧の音楽

コンポージアム2016 一柳慧の音楽
2016年5月25日 19:00@東京オペラシティコンサートホール

一柳 慧/
ビトゥイーン・スペース・アンド・タイム
ピアノ協奏曲第6番《禅 ─ ZEN》
交響曲《ベルリン連詩》

一柳慧(ピアノ)、天羽明惠(ソプラノ)松平敬(バリトン)、秋山和慶/東京都交響楽団

ビトゥイーン・スペース・アンド・タイムは演奏機会の多い作品。
丁寧な演奏で好感が持てる。

ピアノ協奏曲は所謂不確定性の音楽。
私は嫌いじゃないけどタイトルといいパフォーマンスといい
スタイルとしての前衛という感じがして賛否の否の方が多そうな感じがする。

メインはベルリン連詩。
中学生だか高校生の頃にFMで聴いて以来
いつかはナマで聴いてみたいと思っていたけど、こんなに待つとは思わなかった。
(後で知ったけど17年前にもサントリーサマーフェスティバルで演奏されていたそうだ)

まずはオーケストラだけの第1楽章。
古典ものだと退屈することもある秋山和慶の
真面目な音楽運びが現代作品の場合には頼もしく感じられる。

2楽章からは歌が入る。
ソプラノの天羽さんは一柳作品は手馴れたものなのだろう、
声質ともどもこの作品にぴったり。
テノールパートはバリトンでも可となっており
今夜はバリトン歌手が歌っていたけれど、声域的にきつそうに聴こえる。
とはいえ、高音部がヒステリックに聴こえるのも
それはそれで合っていないこともないな、と思った。

「婚姻の祝砲が~」の歌が終わると不確定なパートに入る。
ここから先の積み重なっていく長いクレッシェンドはプログラム記載の作曲者の言によると
クレッシェンドをそれほど意図したわけではなく、一つ一つの楽器や旋律が次々に前に出てきて
自立性も持って存在する感じが大事なんだそうだ。
今夜の演奏はその辺りは押さえられていて楽器の出し入れがよくわかる。
このパートがffffで終わると結びの重唱を経て終結部へ。
このあたりもピシッと決まっていて気持ち良かった。

舞台上のマイクの数からするとFM収録以外にCD録音もしていたようだ。
早く発売されますように。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/610-c692c751

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。