2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都響定期

第783回 定期演奏会Bシリーズ
2015年1月23日 19:00@サントリーホール

日本管弦楽の名曲とその源流-20

シベリウス/交響詩「夜の騎行と日の出」
ルトスワフスキ/チェロ協奏曲
 J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第2番~サラバンド(ソリストアンコール)
一柳慧/交響曲第9番「ディアスポラ」

ピーター・ウィスペルウェイ(チェロ)、ハンヌ・リントゥ/東京都交響楽団

一柳作品目当てなので例によっておそ割で後半から。
この「日本管弦楽の名曲とその源流」シリーズも今回で最終回。
まだ別宮プロデュースだった第1回を聴いてから10年。おっさんになるわけだ。
ゲンオンプロの割に残席少ないなと思ったら客席は6~7割の入り。

そんなわけで普段はまず選ばないエリアに着席。
らしくない音で音楽は始まった。1・2楽章は続けて演奏。
3楽章は名前を伏せて聴かされたら誰の作品かわからなかったかもしれない。
4楽章は途中でピアノがリズムを刻みだし指揮者の手が止まって
「偶然性の書法」による部分が始まる。ここはどうしたって面白い。
大音量でそれが終わると大見得を切るように音楽は終わる。
とても楽しめたけれど、もろ手を挙げてブラボーというわけでもなかった。
リントゥの指揮に演奏者の意思のようなものが感じられたのも
ちょっと引っかかっている原因かもしれないし、
一柳慧の新作ということで期待し過ぎたのもあるだろう。
何度か聴いていくうちに考えが変わるかもしれない。
今は聴きなれたイシカワパラフレーズも
初めて聴いたときは卒倒しそうになったこともあるし。

聴き易くメッセージ性もあるので再演は期待できそう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/585-64cd51a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。