2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都響定期

第711回定期演奏会 Aシリーズ
2011年1月24日 19:00@東京文化会館

日本管弦楽の名曲とその源流-12

西村朗/サクソフォン協奏曲「魂の内なる存在」
ジョリヴェ/ハープと室内管弦楽のための協奏曲
西村朗/幻影とマントラ
ジョリヴェ/ピアノ協奏曲

須川展也(サクソフォン)、吉野直子(ハープ)、永野英樹(ピアノ)
ヨナタン・シュトックハンマー/東京都交響楽団

プレトークから聞こうと思って早めに着いたつもりが
思いの外当日券の列が長くて間に合わず、残念。

今夜はよく知っている作品が並んだ。

まずは「魂の内なる存在」。
献呈された須川展也の有無を言わさぬ超絶技巧が凄い。
こういうのは録音聞くのと実演に接するのとでは迫力が違う。
シュトックハンマーの指揮は前回と印象は変わらず、
太字の楷書のような丁寧な演奏でしたが、
寄せては返すような趣のあるこの作品ではそれが単調さにつながっていたように感じた。

続いてジョリヴェのハープ協奏曲。
この曲でもバックが一本調子に聴こえる場面があった。
特に管楽器はもうちょっとどうにかならないものかと。
といっても曲を傷つけるほどではなく、
吉野女史のハープが作品によく合っていたこともあってなかなか良い出来だ。

幻影とマントラはこのアプローチがプラスとなって
この作品に厚みのある音響を与え、圧倒的な詠唱を演出していた。
2楽章冒頭などはCDで何度も聴いたこの曲の印象を新たにしてくれた。

ラストのピアノ協奏曲はソリスト共々少し硬いかな、
とも感じたけれど、実演で聴けるだけで満足だ。
この楽しい音楽はもっと演奏されて良いのにといつも思う。
終盤の熱狂は実演ならではのものだ。

・・・今夜は本当に来て良かった。
これだけ満足して帰ったコンサートも久し振り。

さて。このシリーズは来年から別宮貞雄に代わって
一柳慧がプロデュースすることになるそうで、
東京コンサーツのHPを覗くと2013年のこのシリーズで
彼の新作交響曲が演奏される予定らしい。

今後ともこのシーズには期待できそう。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

なかなか・・・

短期間に3公演とは・・・充実した1週間でしたね。
最後の曲のできで、終わった後の満足感が結構違ってくる気がします。
満足できたコンサートのあとって、何ともいえない幸福感があると思うんですよね。

学生時代はサックス吹きだったので須川さんは神様みたいに思っていました。
TKWOのコンマスをおりたそうで、嫌でもときの流れを感じてしまいます・・・。

おかげさまで

景気の良いコンサート初めとなりました。

満足できたコンサート後の幸福感、確かにありますね。
ホカホカの満足感と言うか何と言うか・・・

現代音楽メインのコンサートでこれだけ満足出来るとは思いませんでした。

サックス吹いておられたんですね。
昨夜も客席にはサックス抱えた若い人たちが沢山いました。
シームレスなグリッサンドとかマルチフォニックとかもう意味不明でした(笑。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/507-e4f427d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。