2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読響定期

第500回定期演奏会
2011年1月22日 18:00@サントリーホール

池辺晋一郎/多年生のプレリュード - オーケストラのために
リスト/ファウスト交響曲

吉田浩之(テノール)、新国立劇場合唱団(男声合唱)
下野竜也/読売日本交響楽団

今夜は池辺先生の駄洒落を聞きにプレトークから。
500回目の定期演奏会ということで
それに絡めて読響の昔話をしつつ駄洒落は4回。
この後演奏される新曲についてはとりあえず聴いてみてくれ、という感じ。

そんな池辺氏ですが、見た目と違って作品はなかなかカッコイイのです。
大河ドラマの独眼竜政宗のテーマを書いた作曲家だと言えば想像つくでしょうか。

そしてその多年生のプレリュードは
エゴパノっぽいメカニックな快感は無いものの、
明るく前へ前へ進んで行く作品で、500回の記念に相応しい音楽。
演奏に難は無かったけれど、チェレスタは音デカ過ぎではないだろうか。
晦渋な音楽ではないので、読響には折に触れて演奏して欲しい。

続くファウスト交響曲はチャイコフスキーのマンフレッド交響曲なんかと並んで
あまり得意でないけれども音響が派手なために
ナマで聴けば大抵満足してしまう作品。
この曲のファンには言いたいことがあるだろうけど(特に声楽陣)、
オケはよく鳴っていたし、下野の指揮もやり過ぎるところが無くて私には好印象でした。
今年はリストイヤーということであちこちでこの曲が演奏されるようですが、あまり興味が・・・。

この後、500回記念と言うことでアフタートークがあった。


アフタートーク

「今、オーケストラに何を求めるか?」
司会:横田弘幸(読響理事長)
出演:西村朗(作曲家)、片山杜秀(音楽評論家)、
江川紹子(ジャーナリスト)、下野竜也(読響正指揮者)

本編終了後、10分の休憩を置いて開始。
演奏後のトークなんて作曲賞の選考演奏会みたいだな、とか
腹減ったし帰ろうかな、なんて考えつつも最後まで参加してしまった。

約1時間、それぞれ面白い話を聞けたけれども
テーマの指す範囲が広すぎて、まとまった結論のようなものは無し。
ただ、同時代の作品を含む「耳慣れない音楽」を提供するのもオーケストラの存在意義の一つ、
またオーケストラは不経済な存在であるとういう点では出演者の意見は一致。

とりあえず片山先生のオタクっぽい挙動は芸なのか素なのかが気になった。

現代音楽ばかり並べるから客が来ないんだとお怒りの西村氏のために
月曜日時間があれば上野の都響定期に行きましょうかね(幻影とマントラやるよー)。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/506-96d39cd9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。