2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新日定期

第450回定期演奏会
2009年9月19日 18:30@すみだトリフォニーホール

メンデルスゾーン/序曲「海の静けさと幸ある航海」
R.シュトラウス/メタモルフォーゼン
ベートーヴェン/劇付随音楽「エグモント」

サンドラ・トラットニック(ソプラノ)、広瀬彰勇(語り)
クリスティアン・アルミンク/新日本フィルハーモニー交響楽団

トリフォニー二日目は従来15時開演であったのが14時開演に変更になった。
そして今日の公演だけなぜか18:30開演。
・・・というわけで時間を間違えた私は昼の錦糸町で途方にくれる。
チケットはきちんと確認しよう。

久々のアルミンク、メンデルスゾーンはそんなに悪くない。
これはなかなかいいんじゃない?
なんて思っていたらメタモルフォーゼンは全然ダメ。
テンポが速いわけでもないのに落ち着かない。

エグモントは序曲からして音が薄っぺらい。
語りの広瀬彰勇はたぶん、良い役者なのだと思うけれど
どうも音楽に対して語り口が硬質で違和感があった。
ソプラノのサンドラ・トラットニックもちょっと
クレールヒェンとイメージが合わないように思える。
最後の勝利の交響曲までなんだかなぁ、なまま進んだ。

エグモントは以前江守徹が語りを担当した
アルブレヒト/読響の演奏が印象深かったために
無意識の内に比べてしまっていたのかもしれない。
指揮者自ら書いた台本も良かったし、
江守徹の語りにつられてしまったように熱くなるアルブレヒトも面白かった。

この日は会場でアニュアルレポートが置かれていた。
活動報告も興味深いのですが、
演奏会収支がわかり易いグラフで示されていたのが目を引いた。
定期演奏会の場合1席あたり経費は8364円だそうだ。
入場料収入で賄えるのはその内40%で
公的補助と民間支援でようやく収支が合う。
仮に民間支援が全くなくなるとチケット1枚につき
2521円の値上げが必要になるとのこと。

こういった情報を発信してくれると少しは応援しようかな、と思いますね。

音楽監督殿はさておき、楽団自体は好きですから。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/420-cfe463d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。