2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッヘンマン オーケストラ作品展「協奏二題」

〈コンポージアム2009〉
ヘルムート・ラッヘンマン オーケストラ作品展 「協奏二題」
2009年5月28日 19:00@東京オペラシティ

ラッヘンマン/アカント
~ オーケストラを伴う独奏クラリネットのための音楽(1975/76)
ラッヘンマン/ハルモニカ
~ 独奏テューバを伴う大オーケストラのための音楽(1981/83)

岡静代(クラリネット)、橋本晋哉(テューバ)、飯森範親/東京交響楽団

ラッヘンマン、とりあえず行かねばということでオペラシティへ。
ゲンダイオンガクだしー。と舐めていたら当日券売り場は長蛇の列。
早めに着いたにもかかわらず、ギリギリで入場するハメに。

まずはアカント、作曲から30年以上を経ての日本初演だ。
オーケストラ音響の極北。
というチラシの言葉通り、大部分が噪音からなる音楽。
サーッという息の音の中からカポッカポッという
管楽器のキーの音が立ち上がったり、
何を叩いているのかわからないパルスが聴こえてきたり。
断片的に流されるテープ音楽も重なり
どの音がどの楽器の音だかもうわからん。
言葉にするとこんな感じですが、
これらの特殊奏法は単に変な音を聞かせるためにではなく
音楽を構成するのに必要な材料なのだろう、と感じられる音楽だった。
演奏に先立って作曲者による長めのトークと
部分演奏があったおかげで敷居が低くなっているのもあるのだろう。

続くハルモニカは前曲とは趣が異なり、饒舌な音楽。
音楽の基本的な姿勢は変わらないのだけれど、
音数が増えてしまって私の耳が追いつかなくなった感じだ。
また、前半のトークが長かったせいか、後半のトークは短めだったのが残念。
この人は音楽だけでなくお話しもなかなか素晴らしい。

しかしまぁ、濃密な時間が過ごせました。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/405-bd580d98

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。