2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東響定期

第562回定期演奏会
2008年12月6日 18:00@サントリーホール

ジョン・アダムズ/フラワリング・ツリー 花咲く木
セミ・ステージ形式、日本初演

クムダ/ジェシカ・リヴェラ(ソプラノ)
王子/ラッセル・トーマス(テノール)
語り部/ジョナサン・レマル(バス・バリトン)
舞踊/ルシニ・シディ、エコ・スブリヤント、アストリ・クスマ・ワルダニ
合唱/東響コーラス(合唱指揮/有村祐輔)
演出/ピーター・セラーズ

大友直人/東京交響楽団

フラワリング・ツリーは南インドの民話を基にした2006年のオペラ。
ミニマル音楽のイメージが強いアダムズですが、最近はそうでもないようで、
このフラワリング・ツリーも冒頭こそキコキコとミニマルっぽいものの、
全体を通して映画音楽風の音響が続くとても聞きやすい作品。

クムダと王子以外の登場人物は語り部とコーラスが歌う。
そのため脇役たちはダンサーが表現すると言う演出。
この3人のダンサーはクムダ・王子の感情を表現したりもするのですが、
インドのお話しなのに何故かダンスはインドネシア風。
歌手たちは英語なのにコーラスはスペイン語(一部英語)だったりする
このオペラにとってはどうでも良いことなのかな。

歌手の出来は良く、ラッセル・トーマスは全く問題なく、
ジェシカ・リヴェラは段々調子が上がっていった感じ。
語り部のジョナサン・レマルはよく声が通っていた。
東響コーラスは今回も暗譜。スゲー。
オケはホールで聞いたからかもしれませんが
CD(LSO)に比べるとちょっとアンサンブルが甘い印象。
と言っても不満が残るほどのものではなく、満足。

作品については好みが分かれるとは思いますが、
お金のかかるステージオペラを
毎年プログラムに組み入れている東響はブラボーだ。

ちなみに今夜は同時刻に芸劇で
読響のマスカーニ/イリスの演奏会があり。
同日同時刻にマニアックな作品をぶつけなくてもなぁ。
私のように両方行きたかった人は少なくないんじゃないだろうか。

いや、少ないかもしれない・・・

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/352-f05ef5fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。