2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京レディース・シンガーズ/西村 朗の世界

東京レディース・シンガーズ演奏会
西村朗の世界~古典を題材とした無伴奏女声合唱曲集

2008年10月29日 19:00@日本大学カザルスホール

「寂光哀歌」~「平家物語」灌頂巻より~
「炎の挽歌」~万葉集 巻第二 柿本人麿の三首の挽歌による~
「息の緒に」~和泉式部の和歌による~

前田二生/東京レディース・シンガーズ

カザルスホールに入るのは高校生の時以来、久し振り。

東京レディース・シンガーズは1985年結成のプロの女声合唱団。
今夜はこの合唱団が委嘱した西村朗作品の演奏会。

「寂光哀歌」は平家物語の灌頂巻中の和歌3首をテキストとした作品で、
ヴォカリーズの部分が多く、同年(1992年)書かれた
星曼荼羅、アストラル協奏曲「光の輪」等に通じる響きを持つ。

続いて作曲者のトークを挟んでから
柿本人麿の3首の挽歌をテキストにした「炎の挽歌」。
「寂光哀歌」と違ってテキストを「歌う」場面が続くのですが、
西欧式のクラシカルな発声方法と日本語の相性の悪さはどうにもならず、
プログラムノートを目で追わなければ何と歌っているのかわからない。

後半も西村トークを挟んでから開始。
難しい作品が続くから休みが欲しいと言われた、
という作曲者の言もあながち嘘でもなさそうだ。
和泉式部の和歌による「息の緒に」は当夜が初演。
前2作品より難易度は高そうだが、それでも変わらぬ西村トーン。

演奏はどうもクリアではない印象を受けたけれど
西村作品には却ってプラスに作用しているのかな。

アンコールは西村朗編曲の小学唱歌。
・・・らしいのですが、曲名聞き取れなかった上に
曲を聴いてもわからんかった。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/341-ec7df4f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。