2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読響定期

第475回定期演奏会
2008年10月20日 19:00@サントリーホール

下野プロデュース・ヒンデミット・プログラム II

ヒンデミット/シンフォニア・セレーナ
ヒンデミット/前庭に最後のライラックが咲いたとき
             ~愛する人々へのレクイエム(英語上演)

メゾ・ソプラノ:重松みか
バリトン:三原 剛
合唱:新国立劇場合唱団

下野竜也/読売日響

風邪ひいてしまいまった。
お腹ゆるゆるでしたが、
滅多に演奏されないライラックは行かねばならん。
周りに迷惑かけぬよう薬が効いてきた後半のみ鑑賞。
なんか知らんが読響の演奏会の日は腹に来るんだよなぁ。

で、そのライラック。
一度聴いただけでは何ともわからない作品でしたが、
新国合唱団はさすがに力がある。
ちょっとくぐもったように聞こえる重松みかのメゾ、
美声ではあるけどどうしても甘く感じる
三原剛のバリトンが多少気になりましたが
他の演奏も聴いてみようと思わせる好演でした。

今回は歌詞対訳が別冊でプログラムに挟まれていて、
開始前から嫌な予感はしていたけど
予想通り曲が始まるとそこらじゅうからページをめくる音が・・・・
歌詞追っていると音楽があんまり耳に入ってこないと思うんだけどなぁ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/337-81f37d5b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。