2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読響名曲シリーズ

第507回名曲シリーズ
2008年10月6日 19:00@サントリーホール

ベートーヴェン/エグモント序曲
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番
ドヴォルザーク/交響曲第8番

高橋礼恵(ピアノ)
ヴィクトーア・エマニュエル・フォン・モンテトン/読売日響

今夜の指揮はピアニストとして知られるモンテトン。
伯爵家の生まれだそうで、身のこなしが優雅だ。

まずはベートーヴェン/エグモント序曲。
対抗配置でも演奏はピリオドアプローチではない。
どうも音が軽いけど変に気取らないところは好感が持てる。

続いてベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番。
ピアノはよくわからないので
好き嫌いはあまり無いのですが
高橋礼恵のピアノには惚れてしまった。
機会があればソロでも聴いてみたい。
バックは引き過ぎたり軟弱な部分があったり、
良くない意味で「伴奏」になってしまっていたような。

アンコールは高橋礼恵とモンテトン連弾で
ブラームス/ハンガリー舞曲第5番。
なかなか良いサービスだけど、あまり練習してないっぽい。
合ってないし譜面ガッツリ見てるしなんか変な音したし。

メインは対抗配置のままでドヴォルザーク/交響曲第8番。
相変わらず音が軽く、オケのコントロールが怪しい。
3楽章はもうちょっと落ち着いて欲しい。
対抗配置を採る若い指揮者はどうも苦手なのですが、
彼には「自分は考えているんだ」といったポーズは無く、
良くも悪くも真っ向勝負で良かったと思う。

アンコールに今度は管弦楽でのハンガリー舞曲第5番。
面白い趣向だけど、こっちも練習してないような。
ドボ8と同じようにコントロールが怪しい場面あり。

指揮者として経験を積んで後にまた聴いてみたい。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/333-fb44af4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。