2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読響名曲シリーズ

第506回名曲シリーズ
2008年9月22日 19:00@サントリーホール

ブラームス/ピアノ協奏曲第1番
ブルックナー/交響曲第0番

ジョン・キムラ・パーカー(ピアノ)
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ/読売日響

まずはブラームスのピアノ協奏曲第1番。
ジョン・キムラ・パーカーはカナダ出身の日系ピアニスト。
プロフィールを読む限りなかなかの実力者のようですが、
今夜の演奏はどうもモッサリ、鈍くさい印象。
バックがクリアーなので余計に鈍く感じがしたのかもしれない。
悪くは無いけれどちょっと物足りない演奏でした。

メインのブルックナー/交響曲第0番はもはや言うこと無し。
4月に聴いた2番に並ぶ名演奏でした。
ブルックナーの初期交響曲は
スクロヴァチェフスキの芸風と相性が良いのでしょう。
音の一つ一つ、ちょっとした経過句までが説得力を持っている。
今夜はいつにも増して咳や物音等のノイズが非常に多かったのですが、
不思議とそれがあまり気にならず、
ホールがブルックナーの音楽に満たされた感じがした。
演奏される機会の少なさも含め、
一生の内でこれほどのブル0が聴けることはそうは無いだろう。

幸せな気分で家に帰れました。



以下どうでもいい話し。

読響のプログラム冊子には宇野功芳氏のコラムが連載されていて、
音楽に限らない氏の雑多な文章は良い時間潰しになっている。
今回は鉄道博物館の話題から東武50000系の話しへ。
彼曰く、垢抜けない東武車両の中にあって
新規投入された50000系のデザインは素晴らしいのだそうだ。
似たカラーリングの東京メトロ01系と比べ、芸術性が月とスッポンだと。
音楽も鉄道も同列で論ずるところが宇野氏らしい。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/326-3fc14768

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。