2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーサマーフェスティバル~ジェルヴァゾーニ~

サントリー音楽財団サマーフェスティバル2008 MUSIC TODAY 21

テーマ作曲家「ステファーノ・ジェルヴァゾーニ」@サントリーホール

今夜は今年のテーマ作曲家、ジェルヴァゾーニの作品がメイン。

ステファーノ・ジェルヴァゾーニ/「イーレネ・シュティンメ」
 ~ピアノと交響管弦楽のための“パルティータの始まり”
クレール=メラニー・シヌベー/クロニーク[消息]
ニッコロ・カスティリオーニ/「冬-ふ・ゆ」
 ~小オーケストラのための11の音楽詩
ステファーノ・ジェルヴァゾーニ/ルコネサンス

バハル・ドルドゥンジュ(ピアノ)、杉山洋一/東京都交響楽団  

作曲者によるとイーレネ・シュティンメ Irrene Stimme は
内なる言葉 Innere Stimme のアナグラムで、
ドイツ語には存在しない作曲者の造語。
「見失われた声」とでも言うのが近いようだ。
作品は技術や理性の裏付けがありながらも
感性で綴られた音詩といった感じで、
各種特殊奏法や強烈な色を持つツィンバロン、
スティールドラムが違和感無く一つの音楽を描いて行く。

続いてジェルヴァゾーニが推すメラニー・シヌベー/クロニーク。
同系統の作品だが、ほとんど全曲を通して
楽器を変えて刻まれるリズムが心地良い。
ただ、人によっては評価は分かれそうだ。

ジェルヴァゾーニの師であるカスティリオーニの作品は
誰が聞いてもタイトル通り凍て付く「冬」を想像するであろう音楽。
現代音楽の語法で語る民族楽派と言ったら近いか。

最後はジェルヴァゾーニの新作。
1曲目よりさらに優しい音の詩。
打楽器が無いのも影響しているか。
プログラムノートのは小難しいことが書いてあるけれど、
聴衆から一方的に歩み寄らねばならない音楽ではなく、
聴き手の側を向いた作品だと感じる。

もっと聴かれていい作曲家だと思う。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/320-46b0cc24

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。