2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーサマーフェスティバル~音楽の現在~

サントリー音楽財団サマーフェスティバル2008 MUSIC TODAY 21

音楽の現在 @サントリーホール

今夜は最近作のオーケストラ作品を紹介する演奏会。
いずれも2005年前後の作品。

タンジー・デイヴィス/傾斜
トマス・アデス/ヴァイオリン協奏曲
ベンヤミン・シュテルン/生贄
 ~テューバ、ライヴ・エレクトロニクスと管弦楽のための協奏曲
スヴェン=インゴ・コッホ/そして。遠く。飛んだ。(空間と運動)
 ~大オーケストラのための

松山冴花(ヴァイオリン)、橋本晋哉(チューバ)、
有馬純寿(ライヴ・エレクトロニクス)
秋山和慶/東京交響楽団

30代半ばの女流、タンジー・デイヴィスの傾斜 Tilting 。
建築家ザハ・ハディドの作品を音楽化したもの、だそうだ。
ラテンっぽいパーカッションのおかげでサスペンスドラマの音楽のようだ。

次は松山冴花のヴァイオリンでトマス・アデス/ヴァイオリン協奏曲。
相変わらず派手なドレスの松山嬢、今日も少しアヤシイ所あり。
他のアデス作品同様深刻過ぎず、軽過ぎず。
何と言うか、彼の地で人気があると言うのも頷ける音楽だ。

休憩後は独奏チューバを生贄に見立てた
ベンヤミン・シュテルン/生贄 Sacrificio 。
もはや何をやっているのかわからない超絶チューバ。
生贄と言うよりヒーローのようだ。
ただ、最後は生贄らしくコテン、と終わる。

ラストはスヴェン=インゴ・コッホ/そして。遠く。飛んだ。(空間と運動)
Und.Weit.Flog. (Räume – Bewegungen)
プログラムノートやタイトルからして
もっと騒がしい音楽を想像していたら、
これはなかなか聴かせてくれる音楽。
今夜一番面白い作品だと思った。

次はジェルヴァゾーニ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/319-e67bb347

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。