2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東響芸劇シリーズ

本日ダブルヘッダー

第97回東京芸術劇場シリーズ

エルガー/威風堂々第4番
モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番
コープランド/バレエ組曲「アパラチアの春」
ガーシュウィン/パリのアメリカ人

フセイン・セルメット(ピアノ)、大友直人/東京交響楽団

コンチェルトがソリストの希望により、
モーツァルト/ピアノ協奏曲第25番→第21番に変更となったそうな。
指揮者変更とか曲順変更とか最近多いですね、東響さん。

今シーズン通して全曲が演奏される威風堂々。
今回は1番の次にポピュラーだという第4番。
1曲目でも流すことなく、しっかりと造形を聴かせてくれる。
ちなみに私は第3番が好きです。

次はモーツァルト/ピアノ協奏曲第21番。
予定通りの25番だったら間違いなく舟漕いでいたでしょう。
セルメットのピアノはコンパクトにまとまった感じで、
対するオケはちょっと緩慢な印象。と言っても、
多少の違和感を感じながらも最後まで聴き入ってしまった。
アンコールはブラームス/6つの小品~第2曲 間奏曲。

後半はアメリカ音楽2つ、まずはアパラチアの春。
知名度や下の世代の作曲家達に与えた影響の割りに
聴かれる機会の少ないコープランド。
古き佳きアメリカの風景を感じさせる音楽だけれども
また聴きたいと思わせる毒が少ないのかもしれない。
演奏の方はなかなか健闘していたと思いますが、
思い入れたっぷりのバーンスタイン盤に
馴染んだ耳には少し淡白に聴こえた。

最後はパリのアメリカ人。
もともと楽しいこの作品、
緩急つけた好演奏で客席も沸く。
クラクションが現代的な音だったのが残念。
この曲にはポヘポヘした素っ頓狂な音が似合ってると思う。

地味なプログラムでしたが、
今夜は良い演奏会だったと思います。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/306-ee1a4488

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。