2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日フィル定期

第602回定期演奏会@サントリーホール

武満徹/3つの映画音楽
     訓練と休息の音楽~「ホゼー・トレス」より
     葬送の音楽~「黒い雨」より
     ワルツ~「他人の顔」より
プロコフィエフ/ヴァイオリン協奏曲第2番
ショスタコーヴィチ/交響曲第12番「1917年」

ボリス・ベルキン(ヴァイオリン)、広上淳一/日本フィル

というプログラムでしたが、
お財布の都合で休憩後から割引料金で入場できる
ビジネスマンの得券を利用してタコ12のみ聴いてきました。

プログラムの割りに客席は結構埋まっている。

3月の都響のときにも見かけたプログラム冊子の
これが答えだ!的なタコ12の解説。
(音名をキリル文字に当てるとスターリンのイニシャルになる、という話)
個人的には説得力のある説だと思うけれど、
初めて聴く人に先入観を与えてしまうのはいかがなものかと。

演奏の方はというと、冒頭の低弦が弱いかな?
と思ったのもつかの間、続くオケの咆哮に目が覚める。
2日目なせいか管が多少荒れていて、
また1階前方の席だったせいか2楽章が薄っぺらく聴こえたり、
凡ミスがよく聞こえてしまったりと難点はありましたが、
オケはよく鳴っており、これはなかなかの熱演。
重めのバスドラムが効果的だった3楽章。
続く4楽章冒頭、ガクッとテンポを落としたのには仰け反った。
広上淳一、なかなかやるのう。

満足した!

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/305-292d5672

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。