2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読響名曲シリーズ

第504回名曲シリーズ@サントリーホール

リムスキー・コルサコフ/スペイン奇想曲
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第4番
リムスキー・コルサコフ/シェエラザード

アリーナ・ポゴストキーナ(ヴァイオリン)、小林研一郎/読売日響

没後100年ということで、まずはスペイン奇想曲。
後述のシェエラザードと同じく指揮者の個性丸出しの演奏。
指揮者のファンが多いのだろうか、1曲目からブラボーが飛ぶ。

お次は苦手なモーツァルトのヴァイオリン協奏曲。
83年生まれのポゴストキーナ嬢はなかなか可愛らしい。
その姿に似合わず出てくる音は弾性がありながらも強い。
ピリオドアプローチとは無縁な古典派音楽、ちょっと眠い。

メインのシェエラザードは期待を裏切らないコバケン節。
ぶっきらぼうにも聴こえるノーランのソロは指揮者の意向か。
歌うところは粘って歌い、盛り上がるところは手放しの大音量。
好きか嫌いかは別として、ここまでやってくれると気持ち良い。

アンコールはカヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲。

・・・ダニーボーイじゃないのかよ!

こんな演奏会もたまには面白いわね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/303-b2986a29

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。