2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読響定期

第467回定期@サントリーホール

帰ってばたんきゅーしてたので一日遅れの感想です。

前回に引き続きアンティ・シーララのピアノ、ヒュー・ウルフの指揮で
バルトーク/ピアノ協奏曲第3番
ショスタコーヴィチ/交響曲第11番「1905年」

曲目のせいだろうか、客席は空席が目立つ。
その割りに男子トイレは開演前から行列。男率高し。

前回書き忘れましたが、この日もウルフは松葉杖で登場。
まずはバルトーク晩年のピアノ協奏曲第3番。
バルトークはちょっと苦手で、この曲はちゃんと聴いたのは今回が初めて。
どうも取っ付きづらいイメージの作曲家でしたが、
これは口当たりが良く、でも適当なワサビも効いてて、
なかなか面白い音楽かもしれない。
シーララのピアノは前回の硬質な澄んだ印象とは違って
なんだかごちゃごちゃした感じでイマイチ。
しかしアンコールのショパン/24の前奏曲~第4番は美しい。
なんでじゃ。

メインはショスタコの交響曲第11番「まだ鐘がある!」
・・・・・ではなくて「1905年」
この作品は各楽章に表題が付いていたり、革命歌の引用などがありますが、
標題音楽としてというより一つの純音楽作品として鳴らしていたように思う。
冒頭はインバル/都響の方が透明感があったかな、と感じたけれど
曲が進むにつれ、強奏でも見通しの良いクリアな演奏に聞き入ってしまう。
中でも3楽章の弦の瞑想的な響きは今夜の白眉。
弱音でも音が薄くならず、濃い音楽を聴かせてくれたヴィオラチームブラボー。
終楽章は遅いテンポで始まった後、グイグイ加速して行く。
いいねーいいねーいいねー。ちょっと興奮。
終結部へ向けてのバスクラはもっとブリブリ吹いて欲しいような気もしたけれど
続くオケの咆哮でまた興奮。CDだと音圧は伝わりませんからね。
終結部では胴の深いスネアをドスドス叩かせて前面に出す方が好みですが、
今回は軽めのスネアで音が引っ込み、木管の動きがよく聞こえた。
最後の鐘は鳴らしっ放し、指揮者が手を下ろして音が消えるまで
拍手もブラボーも起こらず、理想的な終わり方。
今回は入りが悪いのが幸いしたのかもしれませんが、
演奏会の印象は聴衆の良し悪しにかなり左右されるので
昨日は良い気分で帰ることが出来ました。

ウルフの指揮は奇を衒うことなく適正と思われるテンポとバランスで、
(と書くと何もしていないように思われそうですが)
なかなかの実力者だと思った。

オケは好演でしたが、トランペット首席の長谷川潤氏が冴えない。
らしくない凡ミスを連発し、普段から落ち着きの無い人ですが
いつにも増して落ち着きが無かった。どうしたんでしょね?

今年は4月にもアレクセーエフ/新日でタコ11あり。
こっちも楽しみだ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

タコ11

理想的な終わらせ方ですね。出張があったら聴きに行きたかったです。

あれだけ強烈に鐘を残せばフライングはできないですね!
・・・普通の神経の持ち主であれば。
読響定期は比較的客層がマシ、ってのもあるかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/231-07aec25a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読響 第467回サントリー定期演奏会

今シーズン読響の定期はとってなかったんですが、今日は好きなショスタコーヴィチをやるということで、1回券を買って、サントリーホールへ行ってきました。(今年1回目) 指揮は、...

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。