2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都響B定期

午前中は会社の健康診断でした。
血圧の上が身長と同じくらいあって計り直し。
上は下がったけど今度は下が上がってしまった。
今回も経過観察やら何やら書かれるんだろうなぁ。

第653回定期演奏会 Bシリーズ@サントリーホール

今期限りで退任する常任指揮者、ジェイムズ・デプリースト指揮で
スクリャービン/夢想 
モーツァルト/交響曲第38番「プラハ」
プロコフィエフ/カンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」
メゾソプラノ独唱は竹本節子、合唱は二期会合唱団。
演奏時間だけ足し算すると1時間ちょっとのプログラム。
事前に届いたDMを持っていくと何か貰えるとのことで早めに会場へ。
・・・クリアファイルでした。デプリーストグッズの処分か。

まずはスクリャービンの5分ほどの小品。
・・・よくわからないまま終了。

次はモーツァルトのプラハ。
上品な演奏、と言えば良いのかな?
ピリオドアプローチでもなく、ロマン主義的な演奏でもなく、
音楽自体を楽しめる演奏と言えば近いか。
モーツァルトは苦手なのですが、最後まで退屈せずに聴けました。

メインはアレクサンドルネフスキー。
基本的に煽らず叫ばずのデプリーストでしたが、
キャッチーな5曲目「氷上の戦い」ではPoco meno mossoまで
他で聴いたことがないほどの速いテンポで突っ走り、爽快。
6曲目の竹本節子はなかなか立派な歌いぶり、ちょっと感動。
また、時々オケに埋もれてしまう場面もあったものの、
二期会合唱団はさすがの歌唱。
ラザレフだったらもっと煽ってくれたんじゃないかな、
と一寸思わないこともありましたが、概ね満足できる演奏でした。
・・・行きそびれたので何とも言えませんけどね。

生ネフスキーに感激、です。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/211-e3ce0ac1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。