2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都江戸東京博物館 常設展示

両国駅から見える妙な形の建物。
そこが高床式の倉をイメージして建てられたという東京都江戸東京博物館
対象は名前の通り基本的に江戸期以降となるものの、
都内の郷土資料館の総本山+αといった感じか。

ここはまぁ、変な構造の建物で、案内所や売店、企画展示室のある1階、
もしくは広場になっている3階でチケットを買ってからエレベーターで上まで行き、
6階が入場口、5階が出口となっている常設展示室。

中に入るとまず最初に渡る日本橋の実物大復元模型をはじめ、
中村座、朝野新聞社、棟割長屋などの大型の復元模型がたくさんあり、
その迫力に嬉しくなる。

文献・資料にも面白いものが多く、時間をかけてゆっくり見たいものですが、
施設の性格上お子様が多いのです。
震災の考察や館蔵の浮世絵など、
じっくり見たくとも後ろでぎゃーぎゃーどたどた、
どうも集中できず。

そのうちまた行きたいものですが。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/181-f4068ee8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。