2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読響名曲シリーズ

第494回名曲シリーズ@サントリーホール
常任指揮者のスクロヴァチェフスキ指揮で
シューマン/交響曲第4番
ショスタコーヴィチ/交響曲第10番
2曲共CDも出ており、得意の演目か。

まずはシューマン。
冒頭から見通しスッキリな演奏。
普通は埋もれてしまうような木管の受け渡しがはっきり聴き取れたり、
いつもの分析系スクロヴァ節でした。
分析系と言ってもクールなものではなく、アツい。
この曲はしんねりむっつりした演奏が好みなのですが、
まぁこういう演奏も良いかな。
しかしご老人だってのに若々しい音楽作りをする。

次はタコ10。
正直言うとよくわかんないんですよね。この曲。
聴いてる分には面白いんですが。
演奏の方はと言うと、基本的なアプローチはシューマンと変わらず。
読響の硬めの弦がショスタコには合うかも?
内声の強調はあっても金管は叫ばせず、
これはバランス系とでも言おうか?
シューマンのときもそうでしたが、
指揮者の意向か今夜は低弦がよく聞こえて心地よい。
意外に激しい2楽章、木管のバランスの良い3楽章等々、
曖昧さの無い、輪郭のはっきりしたタコ10でした。

多少のヘマはありましたが、今夜の読響は上出来。

4月の常任お披露目の時よりオケとの呼吸も合ってきたか?
と、今後を期待させる良い演奏会だったと思います。

・・・・・フラブラ野郎がいなけりゃねー

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/164-cfe3cdb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。