2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2回目】AYAKASHI 江戸の怪し-浮世絵の妖怪・幽霊・妖術師たち-

太田記念美術館で26日まで開催。もう終わりですが。
この展覧会は大人700円と通常展示の扱い。
あ・ら・かるちゃーのパンフレット持って行くと割引になったような?

終了間近で混んではいましたが、さほど気にならない程度。
とは言え人気のテーマなのか図録は売り切れてしまったようだ。
初回に買っておく習慣がついてて良かった。

2回目でしたが、やはり面白かった。
ひざを抱えて何故か物憂げな北斎漫画の河童、
葛篭から飛び出した妖怪があかんべえしている月岡芳年の頓欲ノ婆々など、
何度見ても面白いの妖怪達。
紙面から情念が立ち昇るような幽霊・鬼、胡散臭さ満点の妖術使い。
どれも面白いのですが、一番気に入ったのは三代歌川豊国の矇雲国師(妖術使い)。封印を解かれて登場する場面なのか、岩が飛び散り後光が射す中見栄を切る矇雲。
現代の劇画のような世界。

新しいおもちゃ(興味の対象)を見つけてしまった。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rev24.blog98.fc2.com/tb.php/134-5f07c725

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。