2009-12

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ面倒くさい

仕事でもプライベートでも面倒なことが一気にやってきて
なんかもうどうでもいい気分。

しかし憎たらしいくらいに体調は良いので良しとしよう。

気分転換にいつもの水族館(池袋サンシャイン)に行ってきた。
サンショウウオとマンボウは今日も元気だ。

私も頑張ろう。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

新日2010-2011シーズン

新日フィルの来シーズンの案内が届いた。
ラインナップは既に速報(リンク先PDF)が発表されており、
今回は予告されていた会員券の値上げについての具体的なお知らせ。

正確には値上げではなく、計算方法の変更。
内容に関わらず定額に固定していた連続券の料金を
来シーズンより1回券の合計×70%に変更、
その結果今シーズンに比べて大物の登場回数の多い
来シーズンは値上げとなりました、というお知らせ。

具体的にはサントリーはこのように。

S席 ¥44,000→¥44,100
A席 ¥36,000→¥37,450
B席 ¥28,000→¥30,800
C席 ¥20,000→¥24,150
P席 ¥18,000※→¥21,350

※実際は今期は7回で¥15,750。

私はサントリーはS席なので100円の値上げですが、
席のランクが下がって行くほど値上げ幅も値上げ率も大きくなっている。
P席は特殊なのでちょっと違っていますが。

そしてステージオペラの入っているトリフォニーは大幅な値上がりに。

S席 ¥44,000→¥51,800
A席 ¥36,000→¥43,400
B席 ¥28,000→¥33,250
C席 ¥20,000→¥26,600

一律5,000~7,000円の値上げで、率にすると2~3割の上昇。
私はトリフォニーはA席なので7,400円の値上げ。どうしよう。

また、この改定に合わせて同月内であれば
サントリーとトリフォニーの間で振り替えが出来るようになったり、
チョイス券を拡充する形でマイプランなるものが新設されたりと、
救済策のようなものも発表された。
それからそれから。
今度から継続特典でCDをくれるそうですが、
ちょっとこれはびみょーだ。

少し前にも値上げがあったので「また値上げか」と思ってしまいますね。

サントリーを残してトリフォニーは1回券かなぁ・・・
でもトリフォニーの席気に入っているんだよなぁ・・・

2月の手続きの時まで悩みましょうか。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

銀行口座の整理

ネットオークションに出品する時には
できるだけ多くの銀行口座を用意しましょう。
なんてどこかで読んだけど、実際どうなんでしょうね?

始めたばかりの頃はありったけの口座を列記したけど
結局一度も使われなかった口座もあって
現在では都市銀行2つとかんたん決済の3つに絞った。

個人的にはゆうちょとJNBかイーバンク、
それに都市銀1つか2つとかんたん決済で完璧なんじゃないかと思う。

先日、以前から考えていたイーバンクの解約手続きをした。
残金の振込先を登録する等、多少の下準備が必要ですが、
ネット上で即時手続きが完了してしまうのはさすがネット専業銀行だ。

そして今日はセブン銀行へ解約書類を請求。
ここはネットバンキングのパスワードが数字6桁、
という点にどうしても馴染めず、
毎回忘れては新たに設定しなおしていた。
そんなこともあって使用頻度は低く、この機会に解約。

でも、お財布代わりには良い銀行ですね。

テーマ:日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

PCの診断結果

その前に。

カテゴリとコメントの設定を変えました。
変なことになっていたら教えてください。

先月修理に出したPCの診断結果がようやく出た。
基盤も逝っちゃっているので6万円かかるけど、どうしますか?と。

先日購入した3万円PCが意外に使えているし
ちょっと足せばメーカーPCが買える金額だしなぁ、
ということで修理はキャンセルすることに。

幸い壊れたPCはリカバリしたばかりだったので
リカバリ後に増えたメールデータを移せば引越しは完了できる。

しかし診断に2週間もかかるとは思わなんだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

東京佼成ウインドオーケストラ 定期

第103回定期演奏会
2009年12月3日 19:00@東京芸術劇場

自然、歴史、そして人

グレインジャー/ヒル・ソング第2番
グレインジャー/フェロー島の踊り
小山清茂/吹奏楽のための「能面」
ゲムロット/ラウダ・シオン
渡辺浦人/交響組曲「野人」
ホヴァネス/交響曲第20番「聖なる山への三つの旅」

 アンコール
 小山清茂/吹奏楽のためのもぐら追い
 グレインジャー/羊飼いの呼び声

野本立人(バリトン、※ラウダ・シオン)
ダグラス・ボストック/東京佼成ウインドオーケストラ

今夜は久し振りの吹奏楽。
ちょっと遅刻してしまって2曲目から。
ヒルソング、フェロ島踊り(←指揮者の言)共に
吹奏楽をやっていた高校時代が思い出される懐かしい音楽。
と言っても演奏したことは無いのですが。

続く能面も、これぞ現代日本の吹奏楽作品、
としてこの曲を聴いていた高校の頃を思い出す。
吹奏楽では当たり前なのかもしれませんが
普段日本のオケを聴き慣れた耳には
管楽器が安定していることに感動してしまった。
ほとんど管楽器なんだから当然か、うん。

ラウダ・シオンはバリトンソロとオルガンが加わる。
独唱とオルガンが効果的に使われた面白い作品でしたが
執拗に繰り返されるファンファーレ主題が多少くどく感じられた。

野人は数年前に聴いた原曲とかなり印象が違った。
特に原曲では管楽器が出てこない2楽章は「こんな曲だったけか?」と。
しかし終楽章は音量で勝る吹奏楽の方が迫力がある。

最後はお目当てのホヴァネス。
彼は吹奏楽のための作品を多く書いていて、
67曲ある交響曲の内、すぐに思いつくだけでもこの20番の他、
4番・29番・53番などは吹奏楽のために書かれている。

ホヴァネスの交響曲は良くも悪くも金太郎飴で、
ほとんどの作品がいつ果てるともわからない
息の長いメロディーが延々続く「ゆるい」音楽。
退屈に感じる人もいれば、
私のようにハマる人間もいる、そんな音楽。

一時期ポリグラムIMSが盛んにCDを紹介していたけれど、
日本ではイマイチ人気が出なかったようだ。
まぁ、ごく初期の作品を除いて似非東洋風にも聞こえる
メロディーが延々続くだけから無理もないかな、とも思う。
海の向こうではコンスタントにCDが出ているので
彼の地ではそこそこ需要はあるのだろう。

さて。演奏の方はバランスといいテンポといい
奇を衒うことなく理想的で、音楽を心行くまで堪能出来た。
最後のオルガンは指揮者の意向で追加したようで、
コラール風のエンディングに厚みが増して非常に効果的でした。
今夜の演奏、CD化されないかなぁ。

楽しい演奏会だったのに客席はガラガラで私の左右後方は無人。
勿体無いなぁ。学生さんはテスト前なのかな?

たまには吹奏楽も良いですね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

東京シンフォニエッタ定期

第26回定期演奏会
2009年12月2日 19:00@東京文化会館 小ホール

先鋭的な名技性

ジョン・アダムズ/チェンバーシンフォニーの息子
ブルーノ・マントヴァーニ/ストリーツ
ヤン・ロバン/アート・オブ・メタル
新実徳英/室内協奏曲Iーアクア

西沢春代(コントラバスクラリネット、※アート・オブ・メタル)、
板倉康明/東京シンフォニエッタ

全席自由席なので早めに会場へ。
それにしても上野の文化会館は駅から近くて良い。

アダムズのチェンバーシンフォニーの息子は
文字通り室内交響曲の続編のような作品。
編成も曲風も似てはいるけれど、
前作のような弾けるような感触が薄かったかな。
作曲中にべト7を指揮する準備をしていたそうで、
言われてみればそのエコーが聞こえるような気もした。
トランペットが疲れているように聞こえたのは
意図したものなのか、本当にヘロヘロだったのか。

続いて弱音の中を高速で音が蠢くマントヴァーニのストリーツ。
聞いている分には面白いけれど、視覚的には非常に慌しい音楽。
ああ、大変そうだな、と思った。

休憩後はロバンのアート・オブ・メタルから。
タイトルから想起される通りの、叫んだり、歌ったり、
打楽器炸裂したり、大音量の騒々しい音楽。
コントラバスクラリネットのソロは体力勝負だ。
バックも含めて楽器を使った格闘技、といった感じだ。

お目当ての新実作品は都合により1楽章だけの演奏。
都合って何だったのだろう。
まぁ、それはさて置いて
作品は期待通りの新実トーンに満ちた音楽。満足。

全曲聴きたかったなぁ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。