2009-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッヘンマン オーケストラ作品展「協奏二題」

〈コンポージアム2009〉
ヘルムート・ラッヘンマン オーケストラ作品展 「協奏二題」
2009年5月28日 19:00@東京オペラシティ

ラッヘンマン/アカント
~ オーケストラを伴う独奏クラリネットのための音楽(1975/76)
ラッヘンマン/ハルモニカ
~ 独奏テューバを伴う大オーケストラのための音楽(1981/83)

岡静代(クラリネット)、橋本晋哉(テューバ)、飯森範親/東京交響楽団

ラッヘンマン、とりあえず行かねばということでオペラシティへ。
ゲンダイオンガクだしー。と舐めていたら当日券売り場は長蛇の列。
早めに着いたにもかかわらず、ギリギリで入場するハメに。

まずはアカント、作曲から30年以上を経ての日本初演だ。
オーケストラ音響の極北。
というチラシの言葉通り、大部分が噪音からなる音楽。
サーッという息の音の中からカポッカポッという
管楽器のキーの音が立ち上がったり、
何を叩いているのかわからないパルスが聴こえてきたり。
断片的に流されるテープ音楽も重なり
どの音がどの楽器の音だかもうわからん。
言葉にするとこんな感じですが、
これらの特殊奏法は単に変な音を聞かせるためにではなく
音楽を構成するのに必要な材料なのだろう、と感じられる音楽だった。
演奏に先立って作曲者による長めのトークと
部分演奏があったおかげで敷居が低くなっているのもあるのだろう。

続くハルモニカは前曲とは趣が異なり、饒舌な音楽。
音楽の基本的な姿勢は変わらないのだけれど、
音数が増えてしまって私の耳が追いつかなくなった感じだ。
また、前半のトークが長かったせいか、後半のトークは短めだったのが残念。
この人は音楽だけでなくお話しもなかなか素晴らしい。

しかしまぁ、濃密な時間が過ごせました。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

都響定期

第681回定期演奏会
2009年5月26日 19:00@サントリーホール

スメタナ/連作交響詩「わが祖国」

小林研一郎/東京都交響楽団

今夜のプログラムは昨年ダブルブッキング騒ぎで流れたもの。
今期彼は東フィルでもやるんですよね。

チェコフィルや日フィルでも聴いたコバケンの我が祖国。
それらとほとんど変わらないかな、と思いきや。
高い城冒頭のハープをベキベキ弾かせたり
芝居がかったシャールカのクラリネットソロ等
未だにチャレンジを続けているようであった。
ブラニーク最後の決め方もビビッた。

都響は指揮者にバカ正直に反応しているようで
音楽がアツいのは良いのだけれど時折固さも感じられた。

私は好きだけど苦手な人もいるんじゃないかな、と。

マイクのセッティングや楽員の静かな譜めくり動作からするとCD化するのかも。

ちなみにダニーボーイはナシ、お言葉はアリ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

UQ近況

有料サービス開始まであとひと月ちょっとのUQWiMAX
3月に端末購入してからしばらくただのがらくた状態でしたが、
ここ最近少しだけ使えるようになった。

自宅室内では目の前を電車が通るたび(家は線路沿い)に切断されるものの、
1M前後(下り)のスピードが出る程度にまで状態は良くなった。
この前の日曜の午前中は何故か一度も切断されること無く使えた。

職場では特定の部屋の窓際でなら何とか電波が入るレベル。
速度は自宅よりずっと遅く、500kあたり(下り)をうろうろ。

しょっちゅう切れるので大きなファイルを拾うときはツール必須、
切れるたびに追い出されるので
ネットバンキングなんかは実質使用不可。

討ち死に上等じゃー
なんて突撃して本当にやられたのは初めてだ。
イーモバイルで開業時にエリア内だったからと甘く見ていたようだ。
モニター落ちたのは単にエリア外だったからなんだな、と今さら納得。

私の場合、条件によってはイーモバイルより使えるけれど
現状のままでは乗り換えるのは到底無理なお話。

あと一ヶ月ちょっとでどこまでエリアを広げてくれるのか。

テーマ:WiMAX - ジャンル:コンピュータ

日フィルサンデーコンサート

第185回サンデーコンサート
2009年5月24日 14:00@東京芸術劇場

Actress Live! Orchestra

第1部
レハール/「ほほえみの国」~序曲、イントロダクション
レハール/「メリー・ウィドウ」~ヴィリアの歌
レハール/金と銀
リーヴァイ/「モーツァルト!」~星から降る金
リーヴァイ/「エリザベート」~私だけに

第2部
マンシーニ/「ティファニーで朝食を」~ムーン・リヴァー
バーンスタイン/「ウェスト・サイド・ストーリー」~アイ・フィール・プリティ
ロウ/「マイ・フェア・レディ」踊り明かそう
マンシーニ/「ひまわり」テーマ
サルトーリ/タイム・トゥ・セイ・グッバイ
ラヴェル/ボレロ

純名りさ(Vo)、竹本泰蔵/日本フィルハーモニー交響楽団

はいはい純名りさ目当てでございます。
普段まず選ばない下手バルコニーで見てきました。
ソリストの入退場がよく見えるから。
いやー、細いし美しいでございますね、純名さん。
時折音程が怪しかったように聞こえたけど
それは私がPA通した音に慣れていなかったからかもしれない。

オペレッタとかミュージカルとかよくわからんけど
とりあえず幸せな気分になってきました。

ボレロでの力こぶしはさすが日フィルって感じがした。
この曲のトロンボーンソロって難しいんだろうか?

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

読響名曲シリーズ

第514回名曲シリーズ
2009年5月22日 19:00@サントリーホール

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
 ショパン/ワルツホ短調「遺作」 (ソリストアンコール)
ベートーヴェン/交響曲第3番

デヤン・ラツィック(ピアノ)、スコット・ユー/読売日本交響楽団

開演まで隣の席のラフマニノフ目当てらしきふjy・・・
マニア風な女性二人組が独特な口調で喋っててこえー。
まぁ傍から見たらきっと私も同類に見えるんでしょうが。
ピアノのラツィックは可もなく不可もなく、ただ音量はでかい。
バックは「おおっ」と思ったのは最初だけ。
つまらないことは無いけれど面白いとも思えず。
アンコールもぱんぱかぱーん。

エロイカは何がしたいのかわからん。
かっちり交通整理しているのに音楽は流れない。
響きが薄く感じられる場面が多かったのも気になった。

もーわけわからん。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

新日定期

第445回定期演奏会
2009年5月14日 19:15@サントリーホール

マルティヌー/リディチェへの追悼
プフィッツナー/チェロ協奏曲第3番(遺作)
ベートーヴェン/交響曲第5番

ガブリエル・リプキン(チェロ)、下野竜也/新日本フィル

こんな日に限って腰がヤバイ。
後半30分だけ座ってみることにした。
ヘルニアの人用の立見席なんて作ってくれませんかね?

で、運命。
ときどき耳慣れないアクセントが聞こえたりしましたが
基本的には奇を衒うことなくどっしりとした演奏
・・・なんだけどときどき何だか薄っぺらくなる。
遅めの終楽章も最初は悪く無かったのに
だんだんスタミナが切れて響きが軽くなってしまった。

とはいっても悪い演奏ではなかったと思います。

腰も無事でございました。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ブリュッヘン/新日のCD到着!

2月のブリュッヘン/新日フィル ハイドンプロジェクトの特典CDが届いた。

全ての演奏会に行った人への特典で
応募に使った半券もちゃんと返送されてきた。

しかしなかなか大仰なCDだ(コレクターズエディション)。

(聴くのに忙しいので写真は後日)

収録曲は以下の通り。

95番~2楽章
93番~4楽章
94番~1楽章
97番~2楽章
100番~3楽章
101番~2楽章
104番~1楽章
104番~4楽章
最後にブリュッヘンの一言あり

驚愕の2楽章、軍隊の終楽章が入ってないのはなんでじゃ。
とはいえ、まぁ、悪くない選曲ですかね。

演奏会の記憶が甦りますね~。
全曲販売する予定は無いのだろうか。

無いんだろうなぁ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

一柳慧/愛の白夜 改訂決定版

第16回神奈川国際芸術フェスティバル
「明日への祝祭!」
2009年5月10日 15:00@神奈川県民ホール

一柳慧/オペラ「愛の白夜」(改訂決定版)

台本/辻井喬
演出/白井晃

杉原千畝/井原秀人(バリトン)
杉原幸子/天羽明惠(ソプラノ)
アギリア/塩田美奈子(ソプラノ)
ヨーニス/鈴木 准(テノール)
バルファティ/近藤政伸(テノール)
オットー/平野忠彦(バリトン)
ソリー・ガノール少年/鵜木絵里(ソプラノ)

ダンス/レニ・バッソ
合唱/東京オペラシンガーズ
助演/赤い靴児童劇団
アコーディオン・ソロ/パトリック・ヌジェ

大友直人/神奈川フィルハーモニー管弦楽団

3年前に初演(2006年2月24日・26日)されたリトアニアの日本領事、
杉原千畝の史実を基にしたオペラの改定初演。

指揮が大友直人ではなく外山雄三だったくらいで
キャストや裏方スタッフは初演時とほぼ同じ顔ぶれ。

3幕であったのが2幕になり、
演奏時間も140分から休憩含めて130分とかなり短くなっている。

以下、初演時と比べた全体の感想をざっくりと。

ホールに入ると初演時には無かった(・・・はず)字幕スクリーン。
日本語とはいえクラシカルな発声法のおかげで
前回はセリフを聞き取るのにかなりのエネルギーを取られ、
合唱・重唱ではお手上げ状態だったのでこれは助かる。

また前回杉原夫妻はそれぞれ
上原専治・雪子という役名になっており、
史実を基にしているのに何故仮名なのか
という疑問があったのですが、それも解消。

音楽は時間が若干長く感じられた冗長さが取れた反面、
耳ざわりの良い音楽になってしまったようにも思える。

演出面ではさほど大きな変更は無かったように思いますが
私にはイマイチ意味の良くわからなかった
レニ・バッソのダンスが今回は抽象的過ぎず良かったと思う。

そして最後にドラマの盛り上がりの割りに唐突な感じがしたエンディング、
今回は音楽演出共にしっかり補強されていて良かったんじゃないかと思います。

CD化希望。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

東響オペラシティシリーズ

東京オペラシティシリーズ 第49回
2009年5月2日 18:00@東京オペラシティ

<ハイドン没後200年記念>

ハイドン/交響曲第94番「驚愕」
ハイドン/シンフォニア・コンチェルタンテ
ハイドン/交響曲第104番「ロンドン」

高木和弘(ヴァイオリン)、西谷牧人(チェロ)
池田肇(オーボエ)、大埜展男(ファゴット)

ユベール・スダーン/東京交響楽団

スダーン/東響の古典ものは良くも悪くも期待を裏切らない。
シューベルトの時はやり過ぎと感じたスダーンのアプローチも
ハイドンでは面白く聴こえ、今夜はとても楽しい演奏会でした。

ヴィブラートは装飾音なんだよ、とでも言いたげな協奏交響曲。
ロンドンではこねくり過ぎに感じる場面があったけれど、
総体的には良かったんじゃないかと思います。
驚愕2楽章でのコンマスの小芝居は面白くはありましたが
ある意味見え見えでブリュッヘンのグシャ!よりインパクトは無かったかな。

今夜のようなコンサートを定期的に聴けたらなぁ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。