2007-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つのID

最近ヤフオク2つ目のIDの稼働率が上がってきました。

代理出品を一度やってしまうと後はズルズル、出品を頼まれることが多くなってしまった。それもよりによってゲームとかPC関係等、トラブルの多そうなモノ達。評価汚されたくないし、もともとヨゴレ用のこのサブIDで出品することにした。

頼む方は「一緒に出してよ」と軽く仰いますが、
いざとなったらどうにでも出来る自分の出品物と違って神経も労力も使うのです。
自分の落札・出品状況覗かれるのも気分悪いし。

自分で出品するのならいくらでもお手伝いするのですがね。
スポンサーサイト

テーマ:オークション - ジャンル:ライフ

昨日は売れた

ヤフオク。

給料日後なせいか、よく売れました。
開票速報見ながら入札される様を眺める。

やっぱり取引ナビって面倒。

テーマ:オークション - ジャンル:ライフ

ジブリの絵職人 男鹿和雄展

イラスト書きのオッサンに誘われてGO
28日にテレビで紹介されるらしい、とのことで無理やり27日に行ってきました。
最初ジブリの原画展としか聞いておらず、
ナウシカやシータが頭の中に沸いていたのですが、今回は背景画の展覧会。
ちょっとガッカリしましたが、せっかくの機会なので行ってみたらこれが面白い。
私は映画をあまり見ない人間でジブリ作品もほとんど知らないのですが、
元の作品を知らずとも作品の質・量に圧倒されました。

所謂水彩画なのですが、普通の絵画とちょっと違うのは、影がよりはっきり描かれていたり、輪郭もよりくっきりな点か。イラスト書きのオッサン曰く、これは説明のための絵だから、と。言われてみれば後半の第二楽章シリーズの挿画は背景画とは違う絵画的なタッチ。

会場内はTV放送前だってのにもう手遅れなくらい混んでました。
ジブリパワー恐るべし。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ルドンの黒【1回目】

今日からBunkamuraにて開催。
初日・土曜日・夏休みということで結構混んでました。
宣伝が上手いのか、若い女性・カップルが多い。

作品が小さく数も多いので、混んでると見る気が失せる。
例によってチケットたくさんあるので今度は平日行ってきます。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

【行ってきたけど】パルマ展・ペルジーノ展【感想書けない】

ペルジーノは東京では終了、パルマは開催中。
日本では見る機会の少ないものなので見に行き、
それなりに面白かったのですが、私にはこれで文章は書けない。

音楽で言えばマーラーやショスタコならそれらしい文章を書けても、
モンテヴェルディやシャルパンティエについて書くのは難しいのに似てる。


・・・かな?

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

銀行まとめた

以前書いた銀行口座整理しましょう作戦。
今月からようやく目標通り銀行が1ヶ所にまとまりました。
一番時間がかかったのが純金積立。と、とぼけた保険(怒。

予想はしていたけれど、やっぱり2ヶ月かかってしまった。
当たり前のことですが給料も引き落としも1ヶ所で済むのは便利ですね。

クレジットカードは銀行の手数料優遇のこともあり、未だ考え中。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

アンドレ・メサジェ

アンドレ・メサジェ(André Charles Prosper Messager)、
フランスの作曲家です。
彼の「二羽の鳩(Les Deux pigeons)」というバレエ音楽が好きなのです。
中途半端に異国趣味な音楽がたまりません。
この作品は結構バレエ公演で見かける割にCDは現在、
国内盤が存在しないのです。
1度は舞台も見てみたいのですが、オッサン一人で行くのは勇気が必要。
誰か誘ってちょん髷。

「メサジェ」でヤフオクのアラート設定しているのですが、
わけわからんカバンばかり引っ掛かる。
カテゴリ絞れば良いのでしょうが、取りこぼしたくないし。

ちなみに現在手に入り易いディスクは
ワーズワース指揮の「サー・フレッド(フレデリック・アシュトン)へのトリビュート」
(ASV、CDWLS273)
ランチベリー指揮の「エロルド/リーズの結婚、メサジェ/二羽の鳩、イゾリーヌ」
(EMI、CZS 5861782)
どちらも2枚組CDです。

ボニング盤は長いこと見かけませんでしたが、
豪Eloquenceシリーズで再発され、
現在はHMV、タワレコ等で普通に売っています。
あとはあまり見かけませんが、Michel Queval盤(cybelia、CY819)、
マッケラスの抜粋版(フランスバレー作品集 EMI、7243 5 75221 2 0)、
くらいでしょうか。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

プラハ国立美術館展【5回目】

最終日前日の土曜日、混んでました。

ぶち上げ過ぎたタイトル以外は良い展覧会だったと思います。
同時代のものとはいえ模写が多く、またブリューゲル一族の作品の中にヤンのものが無く、ルーベンスの作品も少ないのはいただけないかな。この時代の雰囲気が味わえれば幸せな私には満足でしたが。

次はルドンの版画です。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

カァァァァァァァァァレンジャァァ!

激走戦隊カーレンジャー VOL.1 激走戦隊カーレンジャー VOL.1
特撮(映像)、岸祐二 他 (2007/07/21)
東映ビデオ

この商品の詳細を見る

激走戦隊カーレンジャーのDVD第1巻が届いた。
カーレンジャーは1996~1997年放映のスーパー戦隊20作目。
シリーズ唯一?のお笑い戦隊。
最近知ったのでリアルタイムで放送を見てはいませんが。

たまらん。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

国立科学博物館附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園
19日の松岡美術館の帰りに寄りました。

園内をてくてく歩く。
雑木林の中、植物園やら池やらを見るともなしに眺める。
周囲の車や飛行機の音がうるさかったけれど、やっぱり落ち着きますね。
土の上をこれだけの時間歩いたのは久しぶり。
今度ハイキングにでも行こうかしら。

さらにその帰りに東京都庭園美術館に寄る。
受付で今日は庭園しか公開していないのですが、
来週来たら展覧会が見られますけどどうしますか?
と丁寧に説明された。
「スタンプラリーのハンコが押したいだけです!」
とは言えず、しばらく来れないので庭園だけ、と言って入場。
きれいな公園、といった感じ。こういうお洒落っぽい所は苦手じゃ。

目黒でスタンプ3つGET、ぐるっとパススタンプラリー完成!応募!応募!

テーマ:水族館・動物園・美術館・博物館など - ジャンル:地域情報

松岡美術館

松岡美術館
ぐるっとパスでGO
目黒駅東口から目黒通り→外苑西通りをてくてく12~3分。
外苑西通りから一本入るのですが、看板が出ているのですぐにわかります。

松岡地所創業者、松岡清次郎のコレクションを公開している美術館。
現在の美術館は2000年4月にオープンしたそうで、建物は新しくきれい。
6つの展示室の半分は定期的に展示替えをしており、私が行ったときは
・常設/古代オリエント美術
・常設/現代彫刻
・常設/ガンダーラ・インド彫刻
・企画/ペルシア陶器
・企画/フランス印象派・新印象派
・企画/ヴィクトリア朝絵画
の展示でした。
ここはフランス近代絵画が意外に充実しているようでちょっと驚いた。
ガンダーラ彫刻も多いけれどやはり実業家の趣味、陶磁器が多い。

小さいながら雰囲気も良く、気に入りました。
「美術品は私蔵するものではなく、広く一般の美術を愛する人々に公開すべきものである」
という松岡清次郎氏の考えもいいですね。
私蔵されて我々の目に触れない美術品って多いでしょうから。
(公開しなきゃならんてこともありませんが)

今回は日本画が見られず、9月の展示替え後にまた行こうと思います。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

タッチパッド

長いの書いていたのにまた消してしまった。
タッチパッドなんて嫌いだ。
外付けのマウス使っているのでタッチパッドをoffにするというテもありますが。
全く使わないわけでもないのでそれは無理。
やっぱりポインティング・スティックだよねー。
(よくIBMのノートに付いてるやつです)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

読響定期

また読響。

家から芸劇に向かう途中、お巡りさんに止められる。
この先水ぶっしゃーだから通れないよ、と。
1本先の道から回り込んで通ったのですが、車道に水がだばだば、
泥やらごみの散乱具合からして結構派手に吹いちゃったようだ。
すぐ近くの消防署の隊員がびしょびしょになって格闘してました。
消火栓ですかね?

第462回定期@芸劇移動中
定期と名曲は次回からサントリーに戻る。
音響はアレだけど近くて便利だったなぁ。
今夜も他のシリーズ同様、ブルゴス氏療養のため指揮者変更。
代打はカリニャーニ、スキンヘッドのイタリアン。前回幻想交響曲や、新ウィーン楽派の後モーツァルトという食い合わせの悪そうなプログラムやらで楽しませてくれた指揮者で、次の登場はいつになるのか楽しみにしていました。予期せぬ再登場で却って面白い演奏会になった。

1曲目はストラヴィンスキー/サーカス・ポルカ。
チューニングのオーボエがコケる。ちょっとびびった。
軽く客席を暖めて次は辻井伸行のピアノでラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番。
彼はご存知のように全盲のピアニスト。
鍵盤の感覚・間隔を取るとパラパラ弾きだす。
弦楽器のポジションを取るような、理に適った手の動きに見えた。
その手に目が行ってしまったのと、
ラフマニノフがあまり好きではないのとで演奏自体はよくわからず。
アンコールはドビュッシー/映像第1集から「水に映る影」

後半はストラヴィンスキー/春の祭典。
何故か先月退団した菅原氏が2ndティンパニにいる。
指揮者変更のお詫びのサービス?
まぁ、単にトラなんでしょうが、あの風貌なので目立つ。
今夜は全体的にそうだったのですが、なーんか腰が引けた感じ。
いつもゴリゴリしてる弦が柔らかかったのは良かったけれど管は冴えない。
ちょっと物足りないハルサイでしたが、
ティンパニをパコンパコン叩かせるのは気持ち良かった。

帰り道、来るとき噴水になってた道路が工事中。
直してたのかな?

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

スキャナーうぃーん

どうも捨てられない雑誌や請求書の類をスキャナーで取り込む。

そのまま捨てても良いのだろうけど、こうしないと気が済まない。
もはや儀式のようなもの。
1日最低100スキャンを目標にうぃーんうぃーん。

眠くなるんだなこの音は。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館、渋谷駅から歩いて12~3分、
ちょっと遠いです。
HP等で案内している通り、バスで行った方が良さそう。特にこの季節は。
駅から明治通りを恵比寿方向へしばし進み、東交番前の交差点で左折(東側)、
国学院の先にあります。大人100円。

展示はナウマン象の歯から始まる。
山手線の直下、地下鉄千代田線の工事中に見つかったとのこと。うーんロマン。現在渋谷に多く残る庭園や公園は江戸時代の大名下屋敷の跡だったり、室町期には渋谷の名がすでに存在していたり、意外に歴史都市のようだ。
戦後~現代に至る展示も充実。

ここで初めて知ったこと。
現在の国立代々木競技場の辺りは戦後米軍のキャンプ、ワシントンハイツの跡地だというのは知っていましたが、オリンピック会場の誘致がこのワシントンハイツの基地化を防ぐための返還が目的の一つであったと。
そんな側面もあったのですね。

ここは2階が博物館展示、地下2階が文学館展示になっているのですが、
そんなことは全く知らずに文学館はスルーして帰ってしまった。

入館時に教えてクレヨン。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ドボ7行きそびれたあああああああ

今日は芸劇で都響のドボ7の日だった。

のを忘れてた。
やっぱチケット買っておかないと忘れてしまうもんだ。

あーあ

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

文京ふるさと歴史館

新宿、豊島と来て今回は文京。
文京ふるさと歴史館、地下鉄本郷三丁目駅から徒歩5分。
看板等ありますが、地図持っていった方が良いかも。大人100円。
平成3年開館で15年経っている割に建物はきれい。

ここも旧石器~古墳あたりの遺物の後、江戸の史料が続く一般的な展示。
相変わらず中世は手薄ですが、
和名類聚抄(10世紀頃)には湯島の名が見えるらしい。
小石川養生所、昌平坂学問所に始まる文教都市ぶりがうらやましい。

刊行物も面白そうなものがたくさんあり、展示ともども隙が無い。

やるな文京区。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

豊島区立郷土資料館

豊島区立郷土資料館、池袋駅西口から徒歩5分、入館無料です。

新宿歴史博物館が意外に面白く、地元の歴史博物館・郷土資料館のようなものは無いのかと調べていたら、なんと家から歩いて3分くらいの、いつも選挙で投票に行っている区の勤労福祉会館内にあった。なんとなく「郷土資料館」という看板が通り道にあったような気がしてはいたんだけど、意識しないと気付かないものですね。

施設の規模、開館時の資料の状況から通史的展開ではなく、
下記4つのテーマで展示を展開。
・導入として雑司が谷鬼子母神
・幕末・明治期の駒込・巣鴨の園芸
・敗戦前の長崎アトリエ村
・敗戦後の池袋ヤミ市
郷土資料館と言えば化石や石器・土器から展示が始まるものですが、
こういった展示の仕方も面白い。

堅苦しくない語り口の豊島区立郷土資料館だよりを年数回発行していたり、刊行物も充実、館内も古いなりに小ぎれいにしていてやる気の無い施設ではないことはわかるのですが、施設は20年以上前に開館してそのままといった感じで、他区と比べて分が悪い。

がんばれ豊島。

そういえば帝銀事件は豊島区長崎で起こったのか。近いじゃないか。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

CDの山

ラックに入りきらないCDがあとひと山、30枚ほど。
今年あたまには入りきらないCDがダンボール箱10箱くらいあった。

購入以来聴いちゃいない全集もの・ボックスもの、
その他片っ端から聴いていらんと思ったもの等々ヤフオクで処分。
まぁ一番効いたのは「買わないこと」だとは思いますが。

全部収納できるまであとちょっとだ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

新宿歴史博物館

新宿歴史博物館

ぐるっとパスで行ってきました。
区役所のそばかな?と思っていたら全然違って四谷から歩いて7~8分のよくわからん場所にあった。どうやらこの施設は江戸期の遺構、三栄町遺跡の上に建っているらしい。

展示は旧石器~縄文期の出土品の次は断片的な中世の資料と、最初は寂しい。今でこそ繁華街ですが、江戸に幕府が置かれるまで新宿の一帯は文献資料に地名すら見つけられず、人が住んでいた痕跡はあっても今となっては実態がわからない、ということらしい。

江戸時代になり甲州街道一つ目の宿場、
内藤新宿が開設される頃になると資料も多く、展示も賑やか。
でーん、と宿場のジオラマがあり、見入ってしまう。
さらに明治・大正・昭和と進むと東京市電5000形がどーん。
何気なく壁面に展示してある市電路線図や切符等、
マニアにはポイント高い。

また来ようと思った。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

除湿機

家にはテレビがありません。
特に無くても不便ではありません。

が、そんな私の部屋には除湿機が2台あります。
コンプレッサー式とデシカント式が1台ずつ。
デシカント式の方は年中吸い込んでますが、気温が低いとほとんど除湿しないコンプレッサー式が除湿しだすと春が来たな、と思う。
この時期は2台ともフル稼働で、仕事終えて帰ってくるとタンクが満杯で運転ストップしている状態。

布団乾燥機も欲しくなってきたこの頃。

テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

あれ?

初めてUKアマゾンでお買い物~

と思ったらなんかおかしい。
アカウント作ろうとアドレス・パスワード入れたら何故か作成済みだった。
覚えがないんだけど住所・カードまで登録してあるし。
いつの間に登録したのだろうか。

それはそうとPCに入ってる翻訳ソフトに翻訳させると面白い。
ずっと笑い転げてました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

読響芸劇マチネー

第91回マチネーシリーズ
今月の公演は読響名誉指揮者のラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスが振る予定でしたが、病気療養のため来日が取り止めとなり、本公演はミハイル・アグレスト、他の公演はパオロ・カリニャーニが代役として振ることになりました。
カリニャーニはさておき、ミハイル・アグレストは全く未知の指揮者。
初来日ではないらしいけど、わたしゃ知らん。

まずは児玉桃のピアノでモーツァルト/ピアノ協奏曲第20番。
モーツァルトは正直わからん。おもしろい音楽だな、とは思ったけれど演奏どうこうはコメントできませーん。まぁモーツァルト苦手な私が30分退屈しなかったくらいだから悪い演奏ではなかったのではないかと。

後半はリムスキー=コルサコフ/シェエラザード
無難にまとめたな、と思った。オケはよく鳴ってました。

アンコールは白鳥の湖~チャルダッシュ。
この曲が一番生き生きしていた。

あまり特徴の無い指揮者でしたが、意外にパヌラ門下とのこと。
今回は代役としての登場で本領発揮してないのかもしれないし、
次回来日時は是非得意な演目を聴かせて欲しい。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ぐるっとパス~スタンプラリー

今年からスタンプラリーが10館で応募できるようになった。昨年度までは20館で、有効期間の2ヶ月でスタンプを集めるのはちょっとハードルが高かった。

らくしょーじゃーん、あははは

なんて思ってたら有効期限が迫っていた。
あと4施設、どこ行こうかな。
って言うか、何が当たるのかな?

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

明日は読響

なんか読響ばかりですが。

読響が特別好きなわけではなく(嫌いなオケでもありませんが)、単に各オケで行く回数が一番多いサントリーシリーズの避難先が家から近い(徒歩数分)芸劇であるから、です。
今年4月から8月いっぱいまでサントリーホールは改修中。
もう開館から20年経っているんですね。
都内8オケ中サントリーで定期を開催しているのはシティフィルを除く7オケ。
N響は全く聴きにいっていないのですが、ここはサントリーシリーズはお休みする代わりに上野の文化会館で特別シリーズを開催。
東京フィルは8月まで定期は無く(オーチャード、オペラシティでは開催)9月から3月までの間に無理やり8回開催して帳尻合わせ。
新日フィルは9月からシーズン開始の為、東フィルとは逆に昨年9月から今年3月までの間に無理やり8回開催して帳尻合わせ。
日フィルと都響はオペラシティで、東響はミューザ、
読響は芸劇でそれぞれサントリー分を開催。
というわけで新日・東フィルは演奏会が無く(他のシリーズは単に演目でパス)、オペラシティは響きまくるためか都響・日フィルは小ぶりな演目が多くて興味無し(好みでない曲が多い)、東響のミューザは遠いし(演目は面白そうなのですが、仕事あると川崎は無理のある距離)で、芸劇でやっている今年創立45周年で大曲の多い読響ばかり行っておるわけです。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ヤフオク近況

取引ナビへの移行期間が終了し、メールアドレスが表示されなくなりました。
未だに慣れませんが、仕方が無い。慣れるしかない。
落札通知のメッセージで必要事項をメールで知らせ、落札者からの連絡を待つという出品者だったら今までと変わらないんでしょうが、出品物のほとんどが複数落札されることが多いモノ(送料計算が必要)なのでそれは出来ないし。
はーめんど。

それから、サブIDで初の出品取り消しを食らいました。
何がいけなかったんだろう。
・・・まぁ見当は付くのですが、いざ取り消し食らうと凹む。

最近の困った人。
振り込みます言って未だ入金されず(3週間経過)。
クレジットカードの番号書いてよこした人(どうしろと?)。

テーマ:オークション - ジャンル:ライフ

プラハ国立美術館展【3回目・4回目】

チケットがたくさんあるので2日・4日と行ってきました。
天気が悪い日を選んで行ったので、そんなに混んでおらず。
なんか展覧会の話しでは混んでたとか混んでなかったとかそんな話しばかりですが、私は人ごみが非常に苦手なので、混んでるとそれだけで展覧会自体の印象まで悪くなってしまうのです。

今回の展示は6つのパートに分けられていて最初の「ブリューゲルの遺産」が気に入りました。ここBunkamuraザ・ミュージアムは小さい美術館ですが、これら小ぶりな絵画にはちょうど良い広さ。
5つ目のパートのやたら生々しい静物画たちは時代の産物なんでしょうか。

例のルーベンスのデカイ絵は後ろのイスに座って見ると照明が邪魔にならないようです。他人の頭越しになってしまいますが。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

W52SAその後のその後

発売日に機種変、ようやく液晶保護シール見つけて貼り替えました。
剥がしてみると最初から貼ってあるシールはしっかりしていて、
しばらく貼り替える必要は無かったように思った。
この保護シートを貼る作業は苦手で、
今回も2枚買っておいたのですが、珍しく一発で成功。
PCのメモリ増設みたいに有料でいいからシール貼り作業を電気屋さんでやってくれないもんですかね。需要はあると思うのですが。

あと最近気付いたこと。
・スピーカーの音が小さい。目覚ましとしては使えないかも。
・鏡面仕上げの部分、意外にキズに強い。

テーマ:機種変 - ジャンル:携帯電話・PHS

会田誠/MONUMENT FOR NOTHING

会田誠の作品集買ってしまいました。
とりあえず面白い。

最近買った本の中ではゴンブリッチの美術の物語に次いで高かった・・・(涙。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ELPA DOP-013BK

私はちょこっとライトマニアです。
普段使用しているのはシュアのL4とストリームライトのツインタスク2L。
L4はバランスが良く、ツインタスク2Lはバルブが安く、LEDモードも実用的な明るさで私にはベストな組み合わせ。あと一本スコーピオンあたりのフィラメントが欲しいかなー。

昨日鍵束に付けるキーライトを探しに久しぶりにライトを見に行った。
出来れば単3か単4一本で使える小さいライトを探す。
エルパDOP-013なるライトを発見。
単4一本で1wラクシオンを点灯させるなんてねぇ。
いきなり条件ピッタリのライトだ。
早速購入、これは良い。
マグライトのソリテールでLED点灯できればベストだと思っていた自分には、まさに理想の1本。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。