2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンポージアム2016 一柳慧の音楽

コンポージアム2016 一柳慧の音楽
2016年5月25日 19:00@東京オペラシティコンサートホール

一柳 慧/
ビトゥイーン・スペース・アンド・タイム
ピアノ協奏曲第6番《禅 ─ ZEN》
交響曲《ベルリン連詩》

一柳慧(ピアノ)、天羽明惠(ソプラノ)松平敬(バリトン)、秋山和慶/東京都交響楽団

ビトゥイーン・スペース・アンド・タイムは演奏機会の多い作品。
丁寧な演奏で好感が持てる。

ピアノ協奏曲は所謂不確定性の音楽。
私は嫌いじゃないけどタイトルといいパフォーマンスといい
スタイルとしての前衛という感じがして賛否の否の方が多そうな感じがする。

メインはベルリン連詩。
中学生だか高校生の頃にFMで聴いて以来
いつかはナマで聴いてみたいと思っていたけど、こんなに待つとは思わなかった。
(後で知ったけど17年前にもサントリーサマーフェスティバルで演奏されていたそうだ)

まずはオーケストラだけの第1楽章。
古典ものだと退屈することもある秋山和慶の
真面目な音楽運びが現代作品の場合には頼もしく感じられる。

2楽章からは歌が入る。
ソプラノの天羽さんは一柳作品は手馴れたものなのだろう、
声質ともどもこの作品にぴったり。
テノールパートはバリトンでも可となっており
今夜はバリトン歌手が歌っていたけれど、声域的にきつそうに聴こえる。
とはいえ、高音部がヒステリックに聴こえるのも
それはそれで合っていないこともないな、と思った。

「婚姻の祝砲が~」の歌が終わると不確定なパートに入る。
ここから先の積み重なっていく長いクレッシェンドはプログラム記載の作曲者の言によると
クレッシェンドをそれほど意図したわけではなく、一つ一つの楽器や旋律が次々に前に出てきて
自立性も持って存在する感じが大事なんだそうだ。
今夜の演奏はその辺りは押さえられていて楽器の出し入れがよくわかる。
このパートがffffで終わると結びの重唱を経て終結部へ。
このあたりもピシッと決まっていて気持ち良かった。

舞台上のマイクの数からするとFM収録以外にCD録音もしていたようだ。
早く発売されますように。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

一柳慧 〜 ミュージック・ホリスティック

一柳慧 〜 ミュージック・ホリスティック
2016年5月20日 19:00@東京オペラシティ リサイタルホール

一柳 慧/
フレンズ ─ ヴァイオリンのための
レゾナント・スペース ─ クラリネットとピアノのための
シーンズⅡ ─ ヴァイオリンとピアノのための
弦楽四重奏曲第3番「インナー・ランドスケープ」
ピアノ協奏曲第4番「JAZZ」 ─ 2台ピアノ版(初演)

吉川裕之(Cl)、中澤紗央里(Vn)、佐々木絵理・中川俊郎・中川賢一(Pf)、
弦楽四重奏[多井智紀(第1Vn)、石渡大介(第2Vn)、大石将紀(Va)、多久潤一朗(Vc)]

オペラシティリサイタルホールは狭いホールだけど今夜はほぼ満席。

前半の3曲は比較的演奏される機会の多い作品。
まぁ、良かったんじゃなかろうか。
一番古いシーンズⅡは時代を感じさせる音楽だけどこういうの大好き。

インナー・ランドスケープは1stVn.をチェロ、2ndを和楽器、
Vaをサックス、Vcをフルート奏者が担当。
楽器は問わないとかいう作品なのかと思いきや
奏者の判断→作曲者OKってことらしい(多久氏のBlogより)。
冒頭は指定通りの楽器で始まり、
1st以外は途中でそれぞれの専門の楽器に持ち替えたり戻ったり。
見た目に気を取られて音楽の方はあまり聞けなかったかな。

ラストは2台ピアノ版のピアノ協奏曲。
この曲に限らず2台ピアノ版は元の曲をよほど知っていないと
単色の塗り絵みたいでよくわからん。
ただ、ピアノががっちゃんがっちゃんぶつかるのは耳に心地良い。

来週はベルリン連詩だ。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

新座・睡足軒の森

昨年末、新座の古刹平林寺の向かいにある睡足軒の森に行ってきました。
マイナンバーを受け取りに市役所へ行く必要があり、
せっかくだからすぐ目の前の平林寺も行ってみようと歩いていた時に見つけました。

DSC_0147 1
元は電力王松永安左エ門の屋敷地で現在は平林寺の所有となり境内林の一部となっている。

DSC_0149 1
睡足軒

DSC_0148 1

DSC_0151 1
こちらは紅葉亭



なかなか良い雰囲気だ。

明るい時間帯にあまり通ったことが無くて今まで気づかなかったけど
季節を変えてまた行きたいな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

長野電鉄とアルピコ交通乗りつぶし

前回の続き。
上田からしなの鉄道で屋代へ、
屋代から長電バスの屋代須坂線で2012年に廃止になった長野電鉄屋代線をたどる。

長野電鉄発祥の路線である河東線の一部であった屋代線。
同じく河東線の一部であった木島線はすでに2002年に廃止されており、
千曲川東岸の鉄道路線というものは現在必要とされていないのかなと
代替バスの空き具合と自家用車の多さを見て思った。

DSC_0092 1
屋代駅
松代駅行きのバスが来るまで30分ちょっとあったけど
周囲に時間をつぶせるところは無し。

DSC_0093 1
松代駅では2分の接続で須坂行きバスに乗り継げる。
その短い時間を使って写真を数枚撮る。

DSC_0094 1
既に線路は剥がされた後。

DSC_0096 1
バスの終点須坂駅。結構賑やか。


須坂から湯田中行って長野へ。


信州中野までは元日比谷線の3500系。

DSC_0097 1
信州中野で乗り継いだのは元東急の8500系。
学生時代に乗っていた車両かもしれないなぁ。

DSC_0098 1
長野着。

DSC_0099 1
長野からは特急しなので松本へ行き、アルピコ交通行って帰って。

DSC_0107 1
なぎさトレイン、なんじゃこりゃ。
また鉄道むすめか、と思ったらアルピコ交通のオリジナルキャラクターらしい。

DSC_0103 1
渕東なぎさっていうのね。

DSC_0105 1
終点新島々。時間が遅いせいか誰もいない。
小学生の時に家族で松本に行ったことがあったけど、
調べてみるとその時にはもう新島々~島々間は埋まっていたようだ。

松本に戻り、しなので長野へ。
姨捨あたりから見える善光寺平の夜景は想像以上にきれい(行きは反対側に座っていた)。
写真は撮っていません。「姨捨 夜景」でググってみてね。
常識かとは思いますが、長野行きだと進行方向左側、名古屋行きだと右側が善光寺平です。

長野から新幹線で上野へ戻り、時刻は23:18。
疲れた。けど面白かった。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

上田電鉄乗りつぶしと別所温泉安楽寺・常楽寺

昨年秋にJR東日本の週末パスを使って長野と福島を乗り歩いてきました。
早起きは苦手なので一日目は9:06上野スタート。
まずは新幹線で上田まで。
指定席が取れず仕方なくグリーン車に乗る。快適。
E7系初めて乗ったけどちょっと楽しかった。

上田から上田電鉄別所線行って帰って。


上田電鉄上田駅(6000系)


別所温泉駅

戻るまで時間があるので駅周辺を散策


北向観音(常楽寺)


北向観音からの眺め

とことこ歩いて崇福山安楽寺へ


黒門


国宝の八角三重塔


でーん


常楽寺へ向かう途中にある展望台からの眺め
上信越高原国立公園の山並みが見える

DSC_0084 1
常楽寺
境内には常楽寺美術館があって観てみたかったけど、時間が無く諦める。

DSC_0085 1
重文の石造多宝塔

DSC_0087 1
駅に戻る(1000系)

DSC_0089 1

DSC_0088 1
丸窓に見えるけど実はラッピングしてあるだけ

DSC_0090 1
上田駅に戻る

長野電鉄編に続く

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

都響「作曲家の肖像」(最終回)

「作曲家の肖像」シリーズVol.106〈日本〉(最終回)
2016年3月5日 14:00@東京芸術劇場

武満徹/冬
柴田南雄/遊楽 no.54
池辺晋一郎/交響曲第9番 ソプラノ、バリトンとオーケストラのために

幸田浩子(ソプラノ)、宮本益光(バリトン)、大野和士/東京都交響楽団

都響おそ割使って後半の池辺作品のみ鑑賞。

池辺晋一郎は作品により当たり外れ(もちろん私にとって)がある作曲家だ。
今回の作品はちょっと苦手かもしれない。
長田弘の詩に寄り添うような音楽で響きは平明、
テキストを見ながら聴く分には面白いかもしれないけど
ただ聴いている分には退屈かもしれない。
…かな。

会場に貼られていた大野和士のポスターはPenicillinのベースの人に似ていると思った。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

新座市立歴史民俗資料館

地元の新座市立歴史民俗資料館に行ってきました。



私の自宅から歩いて10分ほどの距離ですが、一応行き方としては西武池袋線ひばりヶ丘北口を出て歩いて3分ほどの所にある「ひばりヶ丘北口」バス停からどのバスに乗っても6つ目の「道場」で下車、徒歩数分の場所にあります。

展示は旧石器時代から近世に至る考古遺物と戦前戦後の生活道具などを
一部屋にまとめたもの。
市内を流れる野火止用水を開削した松平信綱に関しては多くのスペースを使っている。
規模は小さいけれどよくまとまっていると感じました。

周辺に観光スポットは無いので市内にある平林寺や
野火止用水の散策と組み合わせてご来場ください。

新座市民より

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

印刷博物館

印刷博物館。ここもぐるっとパス。

DSC_0135 1

飯田橋駅から歩いて15分ほど。遠い。
博物館は凸版印刷のビルの中。
訪問時1階の無料エリアでは企画展の「現代日本のパッケージ2015」を開催。
業界の人っぽい集団が見学中。

エスカレーターを降りた地下1階が常設展示室。
印刷の歴史やしくみを広いスペースを使ってわかりやすく展示している…
のですが、平日夕方なのにやたら混雑していてあまり見られず。
スタッフもなんかテキトーな感じであまり好きになれない博物館だな。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

松岡美術館・東京都庭園美術館・国立科学博物館附属自然教育園

9月に購入したぐるっとパスの期限が迫っていたので目黒駅付近を固め打ち。

まずはお気に入りの松岡美術館から。

DSC_0122 1

かわいいジャコメッティの猫の給仕頭に出迎えてもらったらいつも通りの
古代オリエント美術→現代彫刻→古代東洋彫刻と進み、2階の企画展示へ。
今回は「わたしの好きなシロカネ・アート」と題して
来場者や関係者のお気に入りの作品をコメントと共に展示。
ここのコレクションには洋画や陶磁器も多く、
常設にしてしまえば良いのになといつも思う。
雑多な感じのするこの美術館はたまらなく居心地が良い。

次はお隣の国立科学博物館附属自然教育園へ。

DSC_0124 1

園内に入ると都心とは思えないこの景色。

DSC_0125 1

DSC_0131 1

DSC_0132 1

ぼーっと散歩するだけで楽しい。

さらにお隣東京都庭園美術館では「オットー・クンツリ展」を開催中。
アクセサリー等が展示されていましたが、全くワカラン。

DSC_0134 1

前回訪問時には見られなかった旧朝香宮邸が見られたから良しとしよう。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

オーケストラ・プロジェクト2015

オーケストラ・プロジェクト2015
オケ・プロ=オーケストラ作品創造の神話と終焉
2015年11月17日 19:00@東京オペラシティコンサートホール

小鍛冶邦隆/オーケストラのための〈愛の歌〉一部改訂初演
鈴木純明/武装した人(ロム・アルメ)
渡辺俊哉/境界線へ
中川俊郎/ピアノ協奏曲

小鍛冶邦隆、中川俊郎(Pf)/東京交響楽団

久しぶりのオペラシティ。全席自由席故か開場前に行列。
東フィルや東響の会員だった時に見つけたお気に入りのエリアを確保。
場所はヒミツ。

まずは小鍛冶作品。
・・・なんか聞いたことある。
と思ったら演目が新作から旧作の改訂版に変わっていた。
プログラムはちゃんと読まないと。
この人の作品は都会的なトーンが好きなんだけど、
Tpの音が硬質なのがちょっとだけ気になった(意図したものなのかもしれませんが)。
(演目はTrace/Prelude for orchestraから変更)

鈴木純明/武装した人(ロム・アルメ)は
軽騎兵序曲やラコッツィー行進曲からの引用や
ビブラスラップ(水戸黄門ね)、フレクサトーン等の飛び道具もあって
明快な響きを持った聴きやすい音楽。
…でも、よくわからんかった。

渡辺作品は距離感を持って音が交代する
私の好きなタイプの音楽。
ちょっと冗長だったかもしれないが。

最後は一番楽しみにしていた中川俊郎氏のピアノ協奏曲。
パフォーマンス込みでのピアノ協奏曲なのかな。
最後までニヤニヤしながら聴いてしまった。
出てくる音自体はマジメなんですけどね。

今年はまずまず、だったかな。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

rev.24

Author:rev.24
クラシック音楽その他オタクなお話を。

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。